一攫千金よりも、的中する喜びを一緒に感じることが競艇デートの理想です。

初心者でも大丈夫?

競艇場初心者で悩む女性

デートで競艇に行くなら初心者でも大丈夫です。
むしろ、競艇のことを詳しすぎると上手くいかなくなることが多いです。
競艇デートでは、利益を出すことが最優先ではありません。負けることを前提に当たればラッキーといった感じで、体験イベントのような感覚で捉えることが望ましいです。
初心者のパートナーに対して、スタート展示がどうとか、過去のデータの話などウンチクを並べると相手に引かれてしまいます。

 

また、本来は一日数万円使っているような人が、デートを理由に数百円しか賭けないと、物足りなさが相手に伝わってしまうことがあります。
デートなら初心者同士で一緒に勉強したり、ちょっとしたことの感動を分かち合えるくらいの方が丁度いいです。

 

 

初心者でも知っておいた方いいこと

詳しい知識や予想スキルは必要ありませんが、全く予備知識のない中で現地でアタフタすると、グダグダのデートになってしまいます。
競艇場と予想に関する最低限の予備知識を持っておくと良いです。
デート向けに覚えておいた方がいい競艇の基本を紹介します。

 

 

競艇予想の基本

 

1枠が圧倒的に有利

競艇は内側が有利で最内の1コースの1着率が50%ほどあります。枠順=コース順ではないですが、1枠が1コースに入る確率が高いです。
1枠を軸にすると当たりやすいことを覚えておきましょう。
オッズは低めですが、競艇デートは一攫千金を狙うよりも的中する喜びを一緒に感じることが理想です。

 

選手のランク分け

競艇選手は半年の成績や全体の上位20%以上など条件によってランクが分かれています。
A1級 → A2級 → B1級 → B2級
強い順にこの4つのランクがあります。
ただし競艇は強くても外枠からだと勝率が低いです。
1枠にA1級選手が入った時は堅いレースです。選手のランクの違いくらいまで覚えておくと便利です。

 

 

競艇場の基本

 

観戦する場所が複数ある

競艇を観戦する席は屋外と屋内のスタンドがあり、大半が無料の自由席です。
季節によっては屋外で至近距離から楽しんだり、全体が見える屋内スタンドから見るなど、レースによって見る場所を変えてもいいでしょう。
競艇場ごとに有料指定席も用意されています。
複数の有料席を用意されていることもあるので、デートでは指定席はどのような種類があるかを下調べしておくと良いです。

 

競艇場に行ったら食べ物も楽しむ

競艇場ごとで昭和のレトロな雰囲気があるご当地グルメが用意されています。
テイクアウトで観戦しながら食べられるものもあります。競艇場の名物を覚えておくと良いです。
競艇場でグルメを楽しめることを知らずに、食事を済ませてから競艇場に着くと楽しみが半減してしまうので注意しましょう。

 

 

気合を入れなくてもなんとかなる

OKサインを出す女性

競艇場は競馬場とは違い、そんなに広くはないので、現地で迷ったり歩き疲れることはありません。
舟券の買い方や券種など初心者だと戸惑うこともありますが、基本のことはスマホから調べながらやることもできます。

 

デートでは、的中してよい所を見せようとせずに、お互いに楽しむことを重視してください。
お互いの好きな色のボートを選んだり、数字や選手の名前から予想するのも悪くありません。
本気の予想をすると、初心者のパートナーがカヤの外になります。
気楽に一緒に予想することでお互いに楽しめます。

 

レース自体は3周のレースで一番早くゴールするのを競うシンプルなものです。
当たったらラッキー、外れてもレースの雰囲気を楽しむような軽い気持ちで大丈夫です。

 

このページの先頭へ戻る